認識力の外にある危機

今年も暑い暑い8月がやってきました。6日には広島、9日には長崎で、平和を祈る式典が行われ、15日には終戦記念日を迎えました。76年前に起こった惨劇を思うとき、人が人に対して加えたこれほど破滅的な加害に言葉を失い、「なぜ」と問わずにいられません。
振り返って客観的に見れば先の大戦は日本にとって、当初から勝てないことが明確であったといわれています(※1)。その意志決定のプロセスは、本質的な状況分析を避け、先送りと主体性の放棄とを繰り返しているようです。昨今の政治・外交・社会的な事象に対する日本の対応と重ねて見る向きもあるようです(※2)。
生きものは本来、自らを利するようにできていて、人も例外ではないというのが生きもの屋の基本的な考え方です。そうでない生きものは世代を重ねることができず、早晩滅びてしまうと考えられています。それなのに、なぜ人は時に、破滅を自ら選んでしまうのでしょうか。

 

集団自殺するレミング

人以外の生きもののなかにも、破滅的な行動をとるといわれる動物がいないわけではありません。有名なところで、北極圏周辺に生息するネズミの仲間であるレミングは、全体の個体数を調整するために崖から海に飛び降りるなどして「集団自殺する」と考えられていました(※3)。しかし実際には、自らの意志で飛び降りるわけではないというのが今日の見方です。周期的に大増殖と激減を繰り返すレミングは「タビネズミ」とも呼ばれ、大増殖の結果として生じる集団移動の過程で、渡河中に溺死したり、群集に押されて崖から海に落ちたりする個体が少なからずあって、そのように思われたのかもしれません。

 

飛んで火に入る夏の虫

もう少し身近な例では、夏の夜に野外で火を焚いていると火に飛びこんで死んでしまう虫がいます。これはある種の昆虫が持つ「走光性」という光に向かって飛ぶ性質のためです。なぜ光に向かって飛ぶかについては諸説ありますが、夜飛行する昆虫が月明かりを頼りにしていることと関係があるようです(※4)。進化の歴史の長さから言えば、人が野外で火を焚くようになったのはごくごく最近のことで、なんにせよ、光に向かって飛ぶ彼らは、近づくと焼け死んでしまうことに思い至らず、勢い飛びこんでしまうのでしょう。

 

直感で認識できない危機

このように、当事者より少し客観的、俯瞰的、長期的な視点に立てば明らかな破滅に、当事者になると突き進んでしまうことがあります。私たち人は、高度に知性的な生きものと自認しがちですが、案外と当事者になると視野が狭窄して、今ここにある短期的な利益やその場しのぎに飛びついてしまう点では、他の生きものとそう変わらないようにも思えます。戦争や世界的なパンデミックなど、直感的に認識する力を越えた問題に対して、ひとりひとりが合理的な対応をするのは、私たちが思う以上に難しいことなのかもしれません。

 

今ここにある人の危機

さて環境分野では、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が9日、7年ぶりとなる評価報告書を公表しました(※5)。もはや人が地球を温暖化させたことは疑う余地がないこと、国際社会が設定してきた気温上昇1.5℃以内を維持する目標が非常に困難であることなど、これまで以上に大きく踏み込んで切迫した危機を訴えています。温暖化が進めば、森林火災や熱波、干ばつ、洪水などの自然災害、感染症が増加し、水不足や飢餓によりすでに定員オーバーの地球が養える人口はさらに減り、それこそ戦争を含めた様々な悲劇が予測されます(※6)。

気温上昇シミュレーション

報告書に掲載された複数条件での気温上昇シミュレーションの結果(※7)

 

IPCCの報告は、合理的な状況分析により人が出した予測ですから、後世の人から見ればこれもまた「予見された危機」です。それなのに世界が一丸となってこの危機に対応できずにいるのは、人の生きものとしての限界と言ってしまえばそれまでかもしれません。しかし、そこは人が人たる所以であるところの知性と想像力、勇気を最大限発揮して、乗り越えていくことを目指していきたいものです。

(代表 高木 圭子)

※1 アジア・太平洋戦争と国共内戦(朝日新聞)
https://www.asahi.com/international/history/chapter07/

※2 説明なき「安全安心」には納得できない(東京新聞)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/120695

※3 Lemming Suicide Myth Disney Film Faked Bogus Behavior(Alaska Department of Fish and Game)
http://www.adfg.alaska.gov/index.cfm?adfg=wildlifenews.view_article&articles_id=56

※4 虫はなぜ灯火に集まるのか?(兵庫県立人と自然の博物館)
https://www.hitohaku.jp/publication/newspaper/43/hm37-3.html

※5 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書第I作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について(環境省)
http://www.env.go.jp/press/109850.html

※6 気候大変動が地球と人類に与えうる「12の脅威」(東洋経済オンライン)
https://toyokeizai.net/articles/-/334619

※7 AR6 Climate Change 2021:The Physical Science Basis(ICPP)
https://www.ipcc.ch/report/ar6/wg1/

はけの小径で考えた「借りぐらし」

なかなか収束しないコロナ禍中、どのように休日をお過ごしでしょうか。遠出の叶わぬ旅好きの私は、最近は近所を散歩したりしています。つい先日も、都内の野川沿いを散策する道すがら、「はけの小径」に出会って、「はけ」まで遡って歩いたりしました(※1)。

 

はけの小径とアリエッティ

「はけ」というのは平野の段を分ける段丘の崖の面をいいます。見渡す限りの平地に見える武蔵野の台地ですが、長い距離を移動すると、突如として急斜面に出会うことが、間々あります。とりわけ河川の近くに、河川と平行に帯状に現れることが多いです。この急斜面の麓には綺麗な湧水(わきみず)が多いため、水道などなかった昔、それこそ有史以前から、人々の暮らしの舞台となり、遺跡が発掘さたりもする、ロマン溢れる場所なのです。「はけの小径」はこうした「はけ」に生じた湧水のひとつが、野川に注ぎ込む小さな流れに沿って整備された遊歩道です。この界隈は、スタジオジブリの代表作のひとつ「借りぐらしのアリエッティ」の舞台になっていることでも有名です。

アリエッティは家屋の床下に暮らす小人の少女で、家主から見つからないように、気付かれない程度に生活の糧を「借り」て暮らしています。物語では、アリエッティの暮らす屋敷にやってきた人間の少年とアリエッティの交流が、緑豊かな武蔵野を背景に鮮やかに描かれています(※2)。

はけの小径

はけの小径

アリエッティがやかんでこぎ出した水路

アリエッティがやかんでこぎ出した水路(※3)

 

「借りぐらし」は片利共生

個人的にこの「借りぐらし」という言葉がとても気に入っています。生態学の復習をしてみますと、生物の種間関係には、1)食う・食われるの関係、2)資源をめぐって争いが起きる競争関係、3)互いに関係を持ちつつ共存する共生関係などがあります。さらに3)の共生関係にはA)お互いに利のある「相利共生」、B)一方には利があるがもう一方には影響がない「片利共生」、C)一方には利があるがもう一方には損失がある「寄生」がある、と習いました。

「借りぐらし」は上記で言うところの「片利共生」にほかなりません。もちろん厳密に言うと家主は少し損をしているのですが、気づかない程度、あるいは「なんか変だけど・・・ま、いっか」という程度ならば、「片利共生」の範疇かなと思います。この「片利共生」という種間関係は、基本的には資源の奪い合いが原則に思える生態系において、とても平和的で寛大で、そして意外と普遍的な種間関係に思えます。自分が生きるためとはいえ、相手が明確に認識するほどの損害を与えてしまえば、排除の対象となります。しかしそれほどでもなければ、自然界では容認され、多様な生きものが同じ時空を共有して共存・共栄することができます。そうして多様な生き物で構成されることにより、様々なインパクトに対して緩衝効果、今風に言えばレジリエンスの高い、しなやかなシステムが実現していると思うのです。

 

人間も地球の「借りぐらし」

アリエッティの話にもどります。実をいうと最初は、彼らの暮らしは「借りぐらし」ではなく「貰いぐらし」ではないか?と思っていました。しかし、誰のものを貰うのか?貰ったらそれは自分のものなのか?と考えたとき、本来的には他者に属するものを「借りる」という言葉の「所有」の曖昧さが、とても大切に思えてきました。自然界にはそもそも「所有」という概念はなく、多様な生きものが時空も資源も共有しています。私たち人間だけが、空間や資源を「所有」して独占し、害のあるなし(あるいは大小)にかかわらず、多くの動植物を閉め出してきました。そのことで、生態系に対して無視できない損害をあたえる「寄生」になってしまえば、いずれ生態系の機能として、排除の機構が働くことでしょう。私たち人間も、本来的には地球の「借りぐらし」であるべきなんだと思います。

いま私たちに必要なことのひとつは、「所有する」という傲慢さを手放し、「借りる」という謙虚さを取り戻すことなのかもしれません。「はけ」のせせらぎを共有して共存するたくさんの生きものを眺めながら、改めて思った休日でした。

(代表 高木 圭子)

※1 はけの小径(中央線が好きだ。Web【公式】)
https://chuosuki.jp/activity/%E3%81%AF%E3%81%91%E3%81%AE%E5%B0%8F%E5%BE%84%EF%BC%88%E3%81%93%E3%81%BF%E3%81%A1%EF%BC%89/

※2 借りぐらしのアリエッティ(スタジオジブリ)
https://www.ghibli.jp/karigurashi/film_top.html

※3 スタジオジブリ作品一覧 借りぐらしのアリエッティ(2010)(スタジオジブリ)
https://www.ghibli.jp/works/karigurashi/

旅する生きもの屋

職業を選ぶ動機は人それぞれですが、私達生きもの屋のなかでは、日本中あちこち旅をして生きものを見に行きたい、というのが小さくない気がします。こんな狭い日本でも、生育・生息する生きものには地域性があるので、たくさんの生きものを見たいと思えば、自ずとこちらから出向く必要があります。事実、私達は日々、各地に出張に出て現地調査をしています。かくいう私も、若かりし日、この仕事を選んだのは日本各地で植物をみたいという思いが強くありました。

生きもの屋の経県値
以前、社員の「経県値(※1)」というのを調べたことがあります。これは、都道府県ごとにその経験を6段階(居住/宿泊/訪問/接地/通貨/未踏)で評価して合計値を出すもので、日本地図を塗り分けた「経県値マップ」も作成できます。これを、様々なキャリアの社員に出してもらいました。
経験値マップ上記は一例ですが、10年目くらいまではキャリアの長い技術者ほど「経県値」が高く、それ以降は日本地図がだいたい赤く塗られて横並び、という結果が得られました。10年もこの仕事をしていれば、ほとんど日本中を巡ることになるのが分かります。とはいえ、沖縄など、これまでほとんど当社の業務実績のない県も塗られていますので、仕事だけでなくプライベートでも皆、旅を楽しんでいるのでしょう。この業界以外の標準が分からないので、はっきりしたことは言えないのですが、概して生きもの屋は旅好きと思って間違いなさそうです。

自然との対話が生物技術者を育てる
最後に、社員が現場で撮ってきた絶景をご紹介します。自然がつくり出した、あるいは人と自然の関わりから生まれた景観に出会うなかで、私達は人と生きものとの在り方について考えを深めてきました。

御嶽

2014年に噴火した御嶽山の北側に位置する三ノ池。大自然の偉大さと人間の無力さを実感します。

棚田

長野県の棚田。ただただ「食べる」ために、重機もなしに人の手で築かれたことが感慨深いです。

暮れ

明け方や夕暮れ時の空、とくに春や秋のそれは刻々と姿を変え、それ自体が映像作品のようです。

焼石

紅葉の焼石岳。とてもアクセスのきつい焼石は山小屋も無人。撮影者は1人で泊まったそうです。

 

「北回帰線」で有名なアメリカの小説家ヘンリー・ミラーは旅について「目的地というのは決して場所ではなく、物事を新たな視点で見る方法である」という名言を残したそうです。たくさんの場所を訪れ、たくさんの自然や生きものを自分の目で見、自分の心で感じ、自分の頭で考えたことの集積、これこそが生物技術者としてのキャリアに厚みを持たせ、私達の最大の強みになっています。

(代表 高木圭子)

※1 経県値(都道府県市区町村/データと雑学で遊ぼう)
https://uub.jp/kkn/

2021年、変革と協働へ

明けましておめでとうございます。
健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
今年一年の皆さまのご多幸とご健勝をお祈り致します。

カモシカは意外とウシに近い仲間です

カモシカは意外とウシに近い仲間です

2020年、コロナ禍という試練
昨年2020年は、私たち人類にとって試練の年であった、と歴史に刻まれることでしょう。新型コロナウイルスの危機は、経済成長の限界や労働の搾取、富の偏在といった世界の歪みを顕在化させたと言われます。また、国連環境計画(UNEP)と国際畜産研究所(ILRI)が昨年まとめた報告書(※1)によれば、自然環境の劣化が、新型コロナウイルスのような人獣共通感染症の増加に拍車をかけており、私たち人類が今後も同様の脅威にさらされていくことは明らかです。
「脱成長」という言葉が聞かれるように、有限な地球の上で成長を前提とする経済活動はもはや限界にきています。そんな時代に事業を承継した身として、また生物多様性や自然環境の保全を掲げる一企業として、自らの進むべき道を模索した、私達にとってはそんな一年でした。

ヒトだけが健康な世界は成立しない
ところで、当社も会員である一般財団法人日本環境アセスメント協会(JEAS)の会報誌JEASニュースの最新号(※2)では、國學院大學の古沢広祐教授がアフターコロナ時代の展望について、寄稿してくださいました。印象的だったのは、「健康」という考え方を大幅に拡張した「ワンヘルス」「ワンワールド」という概念が紹介されたことです。人間と動物、それを取り巻く環境(生態系、生物多様性)は相互に繋がっていると考え、医学、獣医学、生物学、生態学などの分野横断的な取組によってそれらの包括的な健全性を担保しなければ、人間の健康もまた成り立たないという考え方です(※3)。
我々生きもの屋からすれば「そりゃそうだ」という内容なのですが、それが名前を持った概念として、さらにはアフターコロナの羅針盤として示されているのならば、歓迎しないわけにはいきません。

2021年、求められる変革と協働
このように、自然環境の劣化が現実問題として私たちの社会システムや生活・健康を脅かすに至り、私たちは待ったなしの変革を求められていると言えそうです。それは、事業活動の在り方然り、生物多様性保全の在り方然りです。とくに、生きもの屋を自負する私たちは少なくとも環境、生物多様性保全の分野で先陣を切る使命がありますし、異なる分野の同様の立場の方々との協働が必要です。
本質を見据え、先入観から自由になり、従来の事業活動や技術の枠にとらわれることなく、変化を恐れずに決断することで、2020年の試練を力に変えていけたら、そんなふうに思っています。

(代表 高木圭子)

※1 Unite human, animal and environmental health to prevent the next pandemic – UN Report(UNEP)
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/unite-human-animal-and-environmental-health-prevent-next-pandemic-un

※2 JEAS News会報誌 最新号(日本環境アセスメント協会)
https://jeas.org/magazine1/

※3 「マンハッタン原則」の12の行動原則(地球・人間環境フォーラム)
https://www.gef.or.jp/globalnet202007/globalnet202007-14/

令和3年の新しいカレンダー

嵐のようだった2020年も気がつけば12月に入り、毎年各方面にお贈りしている当社のカレンダーが今年も刷り上がりました。と言っても今年は、昨年までと大きく趣向が変ったものになりました。
これまで当社のカレンダーは、出版社と共同で、それなりに力を入れて企画・制作していたものです。月ごとに、その道の写真家ならではの表情豊かな野生動植物の写真を、生きもの屋目線で選び、下半分はスケジュール等を書き込みやすいよう広めに覧を設けつつ、各地の紅葉や初雪の時期などを記入してあります。季節の移り変わりを実感しやすいところが好評で、楽しみにして下さっている方も多いと思います。しかし、代替わりに伴いその継続ができなくなりました。

【新しい体制にふさわしいカレンダーとは】
そもそも、スマホなどデジタルツールでのスケジュール管理が主流化しつつある昨今、依然として多くの会社が大量の資源やエネルギーを使って、需要を上回るカレンダーを競い合うように配る現状を思うと、いやしくも環境を冠する企業として、カレンダーを配ること自体の是非も気にかかります。さりとて、楽しみにして下さる方もいます。またいっぽう、コロナ禍により、これまでの価値観の多くが転換を迫られている状況もあります。
このような状況を踏まえ、新しい体制、新しい時代にふさわしいカレンダーとして、心に止まったのが、NPO法人棚田ネットワーク様が毎年販売されている「旧暦棚田ごよみ」でした(※1)。今回、棚田ネットワーク様のご厚意で、社名を入れて分けて頂くことができました。

カレンダー

【棚田も暦も、人と自然のつながりから生まれた】
このカレンダーは、旧暦表示を基本としていて、四季折々の棚田の風景と、月の満ち欠け、二十四節気、七十二候、雑節といった、昔ながらの日本の暦が記載されています。棚田の風景も、生きものが絡んだ旧来の暦も、日本人が自然とともに作り上げた文化の遺産であると言えます。人と生きものの架け橋を目指す当社にとって、これ以上のテーマがあるでしょうか。

【「スケジュール」から離れて時を刻む暦へ】
いっぽう、このカレンダーにはスケジュールを書き込むスペースがほとんどありません。さらに驚くべきことに、旧暦区切りでページが切り替わるので、現在の暦では月の途中でめくることになります。言ってみれば、ほとんどカレンダーの本来的機能を放棄したような仕様です。このため、お仕事のお供としては力不足を通り越し、失格と言わざるを得ません。
ただ、そういったカレンダーは多くの企業さんがよいものをたくさん配っているので、そちらを有効に活用していただき、このカレンダーはお仕事を離れてほっとひと息つくお時間のお供にしていただければと思います。たとえばお手洗いやご自宅の居間、寝室などに架けて頂ければな、と考えています。そういった時間にふと、季節の移ろいや生きものの暦に思いを馳せるお手伝いになれば本望です。
さらに言えば、日々の経済活動中心の暮らしから少し軸をずらして、自然や生きものの息吹、それらと共に暮らしを組み立ててきた私たちの祖先を思う時間を意識的に持つことは、いわゆるウィズコロナ、アフターコロナと言われる世界を、持続可能にするために有効であると信じています。
これまで当社のカレンダーをお仕事のお供に重用して下さった皆さまには、大変申し訳ない気持ちもありますが、どうか温かい気持ちでご笑覧ください。

(代表 高木圭子)

※1 令和三年旧暦棚田ごよみ(棚田ネットワーク)
https://tanada.or.jp/tanada_goyomi/

大島の椿油-生物多様性を多様なままに-

秋が深まってまいりました。感染対策の規制も少しずつ緩和され、旅好きが多い生きもの屋のはしくれである私も、そわそわと旅心が疼いてきて、先日伊豆大島に行って参りました。

【椿油のための椿園はない】
大島で有名なもののひとつに椿油があります。女性が髪のケアに使うイメージが強いですが、かつては主に食用だったそうです。大島の街中にひっそり佇む椿油の製油所にお邪魔しました(※1)。看板もなく大変入りにくい店構えなのですが、入ってみるととても気さくなご主人が出てきて、椿油の製法や歴史、美味しさなど、何から何まで時間をかけて説明して下さいました。
その中でとても意外だったのは、大島には椿油のための椿園というものはなく、伝統的に、島の人々が拾って製油所に売りに来る椿の実を使っていて、多くは耕作地の周囲に巡らせた椿の防風林の副産物だそうです。伝統的にそうであっても、商業ベースに載せるためにはどこかの段階で、ある程度安定的に生産できる圃場栽培に移行していくものですが、椿は植えてから立派な実をつけるまでに10年以上かかることもあり、そうした商業化には至らなかったようです。

椿油_製油所

製油所にならぶ圧搾機などは大正時代からのもの


【風土が伝統文化と特産物を育む】
さて、いやしくも植物屋の私には以前から疑問がありました。椿油の原料である「ヤブツバキ」はとくに伊豆諸島の固有種ではなく、常緑広葉樹林帯のことを「ヤブツバキクラス域」と呼ぶくらい、暖温帯ではありふれた植物で、東京のその辺の林でも見られます。なぜ大島だけが椿油の産地なのでしょう。お話にあった「椿の防風林」に大きなヒントがありました。椿がこうした目的で利用されてきたのは、もともと大島の厳しい風土に椿がよく育っていたからと思われます。確かに、東京で見る野生のヤブツバキはシイやカシなど常緑樹林のなかの低木として存在することが多く、花や実のつきは疎らです。いっぽう、大島も常緑樹の高木林が卓越していい気候帯ですが、実際には強い海風と、30-40年周期と言われる噴火による植生や土壌の攪乱のため、安定した常緑樹の高木林は限られていて、藪が多いです。そういった藪では文字通り、ヤブツバキの光沢のある葉が陽の光にさんさんと輝き、たくさん実をつけている様子が見られました。こうした大島独特の風土が「大島の椿油」というブランドの礎となっていのです。火山は人々を苦しめるだけでなく、他の土地にはないこうした賜物ももたらしてきたのです。

【椿油づくりに透ける持続可能性】
椿油が大島の人々の「暮らしの副産物」であったことはとても感慨深いです。かつて私達日本人は皆、暮らしの場に生じるたくさんの生物多様性の副産物をほとんど余すところなく利用して暮らしてきました。結果として生活の場には豊かな生物多様性がありました。しかし、いまでは生活に必要な食料も道具も、全てお金で手に入り、そういった恩恵をあてにすることもなくなりました。生活の場に入り込む動植物のほとんどは雑草雑木、害虫害獣とひとくくりに排除され、暮らしの場の生物多様性は失われました。
いっぽうで、お金で取引される製品やその原料の生産される農地もまた、単一の作物を効率よく生産することに特化して集約的に管理され、やはり生物多様性からかけ離れた空間となりがちです。たとえば、今では私達の生活のあらゆる場面で利用されるパーム油の生産現場では、生物多様性の高い熱帯雨林が切り拓かれ、見渡す限りのアブラヤシの農園に置き換わっています(※2)。
SDGsで世界の持続可能性が検討されるようになりましたが、経済のグローバル化は続き、大量生産と効率化が前提の議論が今も続くことに、なんとも言えない居心地の悪さを感じていました。持続可能な社会に必要なのは、防風林の副産物としての椿油のように、生物多様性を多様なままに利活用する技術や方法論の見直しではないのか。その思いに、椿油が背中を押してくれたように思いました。
製油所を見学したあと、三原山方面へのドライブの道すがら、道路際で椿の実を拾っている女性に会いました。「製油所にもっていくのですか?」と声をかけてみると「そうなの。今日は美味しいお寿司でも食べようと思って」と笑顔で返してくれました。かつて私たちの暮らしはこんなふうに、季節や時間や場所によって異なる様々な生物多様性の恵みを、少しずつ細やかに享受する生活であったと思います。

(代表 高木 圭子)

※1 椿油の高田製油所
http://www.tsubaki-abura.com/

※2 パーム油 私達の暮らしと熱帯雨林の破壊をつなぐもの(WWF)
https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/2484.html

 

秋とイナゴの話

8月の猛暑が嘘のように、今年も秋がやってきました。モズの声や、キンモクセイの香り、ハロウィン商戦と、ひとそれぞれ秋の感じ方はありますが、当ブログの過去の記事を紐解いてみると、カヤネズミの球巣や川に放たれた金魚、枯葉にくるまったコウモリなど、生きもの屋たちの秋の感じ方はひと味違うようです。
ところで、「秋」という字は「のぎへん」に「火」という字を書きます。実りの季節に穀物を示す「のぎへん」はしっくり来ますが、なぜ「火」なのでしょう?植物屋としては、山が燃えるように紅葉するからかな、と思っていたのですが、調べてみるとちょっと違うようです。

【秋と火の意外な関係】
諸説あるようですが、一説には、秋はバッタ類が大発生して収穫前の穀物を食い尽くしてしまうことがあるので、バッタを焼いて豊作を祈ったところから来ているそうです(※1)。そういえば、パール・バックの代表作である「大地」のなかには、主人公の王龍がバッタの大群を追い払うため、半狂乱になって田畑に火を放つ、印象的なシーンがありました。中国では、全てを食い尽くしてしまうバッタ類の大発生は、有史以来、「蝗災(蝗害)」と呼ばれ、水害や干ばつと並ぶ災害と捉えられていたそうです。そういった事情もあって、漢字の祖国である中国で生まれた「秋」の字は、「のぎへん」に「火」だったのですね。紅葉や実りといったのどかで豊かな秋のイメージとは少し違って、いかに秋の収穫を確保して冬を生き延びるか、といった気迫や切実さが感じられます。

【「蝗」はイナゴかトノサマバッタか】
しかし、そういった現象は、小説や映画に描かれることはあっても、今ひとつ実感がありませんでした。それもそのはず、狭い国土の大部分が山林で覆われる日本では、一度に空を覆い尽くすほどバッタ類が大発生するような広大な草原はなく、また高温多湿でバッタ類の病害が多いことも手伝って、大陸でみられるような蝗災はほとんど生じなかったようです。日本で稲に害を与えるバッタ類はせいぜいイナゴの仲間くらいだったので、日本では「蝗」は「イナゴ」と読まれ、こういった現象は「イナゴの大群」と訳されることが多いです。しかし、実際には中国で災害を起こしていた「蝗」は、主にトノサマバッタの仲間だそうで、日本では水田より草むらなどにいて、稲作に影響を与えない種がほとんどです。

イナゴ類

刈られた稲にしがみついていたイナゴ類 いまでは地域によっては絶滅危惧種になることも

  • 【気候変動と蝗害】
    その、小説や映画の世界の話だったバッタの大群のお話が、今年はメディアでもかなり話題になりました。2020年の初頭から、東アフリカ、アラビア半島、さらにはインドまで、サバクトビバッタの群れが雲のように移動しながら作物を食い荒らし、数十年に一回といった甚大な被害をもたらしています(※2)。こうしたバッタ類は、普段は乾燥しているステップ気候の草原に、大雨が降って植物が急に繁茂した場合に発生する場合が多いことから、いわゆる気候変動の影響の一端として捉える向きもあるようです(※3)。
    アフリカや南アジアなど遠い国のお話ではありますが、海外で蝗害に起因する食料危機が生じれば、世界の食糧安全保障に暗い影を落とします。食糧自給率が40%に満たない日本(※4)にとっても、他人事とは言えない深刻な現象として気がかりです。
    また、バッタではありませんが、今年は西日本を中心に、稲作の代表的な害虫であるトビイロウンカが大発生して甚大な被害がでているようです(※5)。今年の梅雨の長雨と夏の高温少雨傾向が原因として指摘されており、これも気候変動との関連が気になるところです。
  • (代表 高木 圭子)

※1 雷乃収声(暦生活)
https://www.543life.com/seasons24/post20200923.html
※2 サバクトビバッタ(FAO駐日連絡事務所)
http://www.fao.org/japan/portal-sites/desert-locust/en/
※3 バッタ大量発生、数千万人に食糧危機の恐れ、東アフリカ(NATIONAL GEOGRAPHIC)
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/022400121/
※4 日本の食料自給率(農林水産省)
https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/012.html
※5 「過去最悪だ」ウンカ大発生で稲作大打撃 肩を落とす生産者(西日本新聞)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/646005/

盛夏と戦争と短歌

今年も暑い暑い夏がやってきました。ヒロシマ、ナガサキ、そして終戦。子供の頃から、8月は戦争のことを考える機会が多かったように思います。

【身近な戦争体験】
一昨年、103歳で亡くなった大叔父は、かの悪名高きインパール作戦の数少ない生還者でした。第二次世界大戦中、英国が掌握していたインド北東部の都市インパールを、隣国ビルマ(現在のミャンマー)から攻略しようとした作戦です(※1)。補給を度外視した精神論で強行された結果、誰一人インパールにたどり着かず、実に3万人の戦死者(多くは病死や餓死)を出したといわれます。大叔父は生前、多くを語りませんでしたが、体験記を遺しました。多くの短歌を交えたその内容は、穏やかな大叔父からは想像もつかない壮絶で悲惨なものでした。食料も医療物資も尽き、何日も続く大雨のなか、2000m級の峻厳な山々を徒歩で越え、幅600mの河を渡る撤退の道すがら、多くの仲間が飢えと病に力尽き、手榴弾で自決する爆音を聞くこともあったそうです。たくさんの死をどうすることもできずに見届けてきた大叔父は、その命の数だけの人生の重みを背負って生きていたのかもしれません。

短歌

遺された短歌と体験記

 

悲惨な戦争を身近な人の体験として知ると、二度とそんなことが起きてはならないという思いを新たにします。しかし、しがない生きもの屋集団である私たちに、できることはあるのでしょうか。

【生きもの屋が考える戦争と平和】
戦争の原因は、現代ではとても複雑ですが、生物多様性の劣化は間違いなく戦争リスクのひとつだと思います。私たちはみな、生物多様性の恩恵に生かされていますが、地球が有限である以上、その恩恵も有限です。全ての人々に行き渡らないことが、奪い合いとしての戦争のリスクになりますし、環境破壊により生物多様性の生産力が損なわれれば、リスクはいよいよ増大します。
すでに人類全体の現在の暮らしを支えるのには、地球が1.7個必要と言われています(※2)。毎年0.7個分前借りしている状態ですから、いつか破綻すると考えるのが合理的です。さらに、世界中の人が日本人と同じ生活水準を維持するためには地球が2.8個必要です。

【バイオキャパシティを高める】
このような資源の奪い合いに対しては、1.環境負荷を下げる、2.土地の生産性(バイオ・キャパシティ)を高める、3.これらを支え、つなぐことが必要だといわれます。もっとも大切なのは、限りある資源を全人類で分け合えるよう、今多くを消費している私たちひとりひとりが一地球人として、環境負荷を下げ、少ない資源とエネルギーで「地球1個分の暮らし」を実現することに違いありません。いっぽうで、私たちが生きもの屋として担うべき使命は、生物多様性を保全し、土地の生産性を高める技術的な方策を追及していくことだろうと思います。そして、生物多様性の大切さをいろいろな機会に伝えていく(支え、つなぐ)こともまた、大切だと思います。

(代表 高木圭子)

エコフット

※2より引用

 

※1 無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録(読むNスペ、NHK)
https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20170922/index.html

※2 あなたの街の暮らしは地球何個分?(WWF)
https://www.wwf.or.jp/activities/activity/4033.html

名刺が変わりました

6月の代表の交代に伴い、肩書きが変わる社員が多かったのもあり、心機一転、名刺をリニューアルしました。当社の名刺といえばおなじみの、ペットボトルから再生されたプラスチックの名刺でした。半透明の独特な質感が先代の趣味らしくスタイリッシュで、それでいて水濡れに強いことも、野外で名刺交換をする機会が多い私たちにはメリットでした。また、名刺のために新たな資源を消費しないリサイクル素材を使用したのは、いやしくも「環境」をその名に冠する会社としてのささやかな環境配慮でもありました。

プラスチックスマート※1が求められる時代
しかし時代は変わり、何にでも便利に使われるようになったプラスチックは、いまや陸海問わず地球を埋め尽くし、様々な問題が顕在化してきました。一旦自然界に放出されると、長い間分解されることがないプラスチックは、いずれ新たな地質年代区分として地層に刻まれるとまで言われています※2。もはやリサイクル素材とはいえ、その必然性ないものをプラスチックで作り続けることが環境配慮とは言えなくなってきました。

プラスチックと竹の因縁
新たな環境配慮型の素材を求め、国産の竹を紙に加工した「竹紙」を採用することにしました。

名刺

竹林はもともと、民家の裏などに植えられたもので、軽くて加工性の高い素材として、籠などの生活資材や建材、農具や漁具など、かつては生活や産業のあらゆる場面で活用されてきました。しかし、こうしたものの多くは現在ではプラスチックに置き換えられ、竹材の需要は減り、多くの竹林は管理の担い手を失いました。管理されなくなった竹林は荒廃し、周囲に広がって、生物多様性や防災に関わる様々な問題をひき起こしています。
大量生産されているプラスチックが世界中で環境問題を引き起こしている一方で、利用されなくなった竹林もまた、別の環境問題を引き起こしているのです。このような状況から、竹材の活用を見直し、紙の原料として活用したのが中越パルプ工業(株)の「竹紙」です。100%国産の竹を原料としています※3

変化に対応するしなやかな姿勢
ペットボトルのリサイクル素材を使った名刺は、私たちなりの環境配慮でした。しかし、気がつけばそれも、少し時代遅れになっていました。このように、私たちをとりまく環境問題は日々新しい情報や課題が提示され、昨日の正解が今日の不正解となることもしばしばです。大切なのは、ある時点の情報から導いた結論に固執することなく、新しい情報をとりいれて常に再検討していく柔軟な姿勢だと思います。そんな、自らへの戒めをも込めて、今回、永く親しんできたプラスチックの名刺から、新しい竹紙の名刺へとリニューアルした次第です。
この名刺をお渡しするご縁のできた方々と、日本の竹林が抱える問題と可能性について、共に考える契機になるようなことがあればとても嬉しく思います。

(代表 高木圭子)

※1 プラスチックスマートPlastics Smart(環境省)
http://plastics-smart.env.go.jp/

※2 新たな地質年代「人新世」 国際地質学会議で採用検討 南ア(AFPBBニュース)
https://www.afpbb.com/articles/-/3099134

※3 竹紙(中越パルプ工業株式会社)
http://www.chuetsu-pulp.co.jp/sustainability/activity/takegami

 

 

代表就任のあいさつ

このたび、新里達也の後任として、代表取締役に就任いたしました、高木圭子と申します。
創業より三十余年の永きにわたり、新里はじめ弊社に賜りましたご厚情に、改めて御礼申し上げます。

2002年夏の入社時の面接で、口髭を蓄えた、生きもの屋とは思えない伊達な社長(新里)にぽかんとしたのが昨日のことのようです。以来、山野を歩き回るたくさんの機会に恵まれ、出会った多くの生きものや美しい景観、呆れるくらい生きもの好きなスタッフとお客様に育てられ、気がつけばここにいました。

今般の感染症拡大に代表されるように、いま社会は大きな変化のうねりのなかで課題が山積しています。こうしたなかにあって、荒波にのまれない柔軟な舵取りはもちろんのこと、社会の一員として、私たちの技術を様々な社会課題の解決に役立てていきたいと切に願っています。そのために、これまでの活動範囲にこだわることなく、多くの人たちと手を携えていければと思います。

コロナ禍のくすぶるなか、荒波の船出となりましたが、今後とも変わらずお引き立ていただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いします。

荒波の朝日

環境指標生物の会社理念 ←ここをクリック

  1. 代表取締役 高木圭子