りょうはほのき【冬季】

2020年もスタートして早一ヶ月あまり。遅ればせながら、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、あまり面白いネタはないのですが、1月17日付の環境省の報道発表資料で、次の記事が掲載されました。

<「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律施行令の一部を改正する政令」の閣議決定について(国内希少野生動植物種の指定等)>

いわゆる「種の保存法」について、一部改正が行われるというものです。そして、本日2月10日より施行されることとなりました。

この法律は国内外の希少な野生生物種の保存のため、動植物種ごとに法的な規制を設けており、違反すれば当然、罰則が科されます。
「りょうはほ」にかかわる内容としては、「特定第二種国内希少野生動植物種」に「トウキョウサンショウウオ」が追加されたというトピックスがあります。
内容だけ聞くと分かりにくく、調査にも許可が必要なの?と考える方もいると思うので、この機会に整理してみました。

まず、国内の希少野生動植物種には3つの指定カテゴリーがあり、以下のように定義されています。

国内の希少野生動植物種の3つの指定カテゴリー

次に、それぞれの指定カテゴリーにかかる規制について、まとめると以下の表のようになります。

3つの指定カテゴリーにかかる規制

結論としては、我々が業務で行う調査は販売・頒布目的ではないので、規制の対象外となります。

今回、特定第二種国内希少野生動植物種に追加されたのは「トウキョウサンショウウオ」「カワバタモロコ」「タガメ」の3種です。
これらの種に共通するように特定第二種は、おもに里地里山など身近に生息・生育しており、減少が著しい動植物が対象になっています。
近年、「トウキョウサンショウウオ」の「卵のう」や「生体」が乱獲され、インターネット上などで販売されていることが、保全の観点から問題となっていました。これらの行為対しに規制を設け、抑止するのが大きな目的と考えられます。

トウキョウサンショウウオの卵のう(水中写真)

トウキョウサンショウウオの卵のう(水中写真)

 

それでは、具体的にはどのような行為が規制の対象になるのでしょうか?

規制の対象

「商業目的」というのは次のフローのように考えると分かります。
金銭を得なくても、譲り渡しの数が多くなると「頒布」にあたり、規制対象になってしまいます。

フロー

生きものを扱う身としては、こういった情報も日々更新していかなくてはなりません。
2月に入ると、トウキョウサンショウウオの産卵時期が始まります。
法律を守って、いつまでも身近に多様な生きものが生息できる環境づくりを目指していきましょう。

【参考:環境省HP https://www.env.go.jp/press/107622.html】

両生類・爬虫類、哺乳類担当 釣谷洋輔

りょうはほのき【秋季】

気がつけば、すっかり秋になってしまいました。
動きやすくなってきた季節には近所の草むらにフィールドサイン探しに行ってみては如何でしょうか。
河川敷や谷戸に広がる草地には色々な哺乳類が住んでいます。日本最小のネズミ、カヤネズミもその一員です。
夏から冬の間に子育て時期を迎え、昼間でも草むらの中で活動していることもあります。
イネ科のヨシやオギ、ススキ、チガヤの他、湿地に生えるスゲなどに葉っぱをボール状に編んだ球巣(きゅうそう)を作ります。
水田の中のイネにも巣を作っているのを見かけたことがあります。
葉先を細かく裂いて編み込まれて作られる球巣の大きさは直径10cmほど。
巣の高さは地上付近から2m以上と様々ですが、30cm~1mくらいの間が最も多いと感じています。
あまり低く作りすぎると、地上の天敵であるイタチやキツネ、ヘビなどに見つかってしまい、高く作りすぎるとタカ類やカラス、モズなど空の天敵に見つかってしまいます。
絶妙な高さにあり、うまくカモフラージュしているので目が慣れないと見つけづらいかもしれません。
平日は仕事として探していますが、とある秋の休日にも郊外の草むらに探しに行ってみました。
カヤネズミの巣

早速ひとつ見つけました。作りたては青い葉っぱが多いですが、次第に巣材が枯れて茶色くなってきます。
夏には緑の葉っぱの中に緑のボールが見つけづらく、冬には植物が枯れて全体が茶色くなることと、茎が倒れて地上に落ちてしまうので見つけにくくなります。
探すなら、晩秋くらいがちょうど良いでしょう。ひとつ見つかると、周辺に別の巣があることが多いです。
見つけた球巣のひとつをしばらく静かに観察していると、ごそごそと巣が動いています。中にネズミがいるようです。
じっと待つこと1時間半、ようやく巣材の間から一瞬だけ顔をのぞかせました。
カヤネズミ

カヤネズミは頭胴長 54~79mm、尾長 47~91mm、体重 7~14gと本当に小さいのです。すぐに見失ってしまいました。
巣作りに関しては神経質な一面もありますが、野焼きや草刈など派手に草地の管理をされても、冬は地上付近で過ごし、また翌年には巣を作って繁殖するたくましさもあります。
とはいえ、近年は農家が利用する茅場も減少したり、放棄草地となっていたエリアが宅地化したり、乾燥化してセイタカワダチソウだらけになったりと、生息環境そのものが減少しつつあります。少しでも彼らが安心して生活できる環境が残ることを祈っています。

両生類・爬虫類、哺乳類担当 釣谷洋輔

 

中間貯蔵施設、福島の「いま」

雨の中間貯蔵施設

先日、日本環境アセスメント協会の野外セミナーに参加し、福島第一原子力発電所の周囲に展開された中間貯蔵施設を見学する機会に恵まれました。
福島県内の除染作業は2018年3月に完了し、県内各地に仮置きされた除去土壌や廃棄物は現在、中間貯蔵施設への搬入作業が急ピッチで進められています。この中間貯蔵施設は、福島第一原子力発電所を取り囲むように整備され、面積は実に約16k㎡、東京で言うと中野区より少し広いくらいの広大な面積です。
見学当日はあいにくの雨のなか、除去土壌などが入った黒い袋「フレコンバッグ」が果てしなく積まれる保管場や、これらを分別・処理するための真新しい建造物などを、バスの中から見学しました。「施設」というとなにがしかの建造物群を思い起こしますが、現状ではほとんどは除染で発生した除去土壌などの一次保管場所が占める無機質な光景です。

バスの車窓からのぞむ黒いフレコンバッグ群

バスの車窓からのぞむ黒いフレコンバッグ群


もつれあう有機と無機

いっぽう、敷地内にはまだ手がついていない空き地や農地、家屋もあり、無遠慮に生い茂った草木が覆う様子は、かつて人々の生活の場だったことを思い出させ、ハッとさせられます。失われた景観の要素であった草木が行き場を失いつつも、場違いなほどの生命力で古い景観の名残を飲み込んでいく有機と、じわじわと拡がる無機。これらが奇妙に入り組んで配置される様子に、時空が歪んだような不思議な感覚を覚えました。

 

福島と東京の「いま」

現在も環境省は、該当地域の用地取得のため、地権者の方々と交渉を進めています。この地に暮らしてきた人々の土地への思いは、せいぜい2,3世代前に地方から出てきて首都圏に暮らす私たちには想像が及ばない重さがあると思います。それを除染土壌や廃棄物の置場として提供するよりほかなかった無念はいかばかりでしょうか。
あの発電所が、福島県の人たちのためでなく、首都圏に電力を供給するために作られたものであったことが、とてもとても重く心にのしかかります。あの事故が、この地域の人たちから日常と、代々根を下ろして生活を支えてきた土地を奪い、その人生は決定的に変わってしまいました。いっぽう、あの事故のあと、あの発電所のエネルギーを享受して、首都圏に暮らしてきた私たちの生活は変わったでしょうか。首都圏で活動する多くの企業は、変わらず経済成長を目指してエネルギーと資源を消費し続けています。本当にこれでいいのでしょうか。

 

エネルギーと資源の消費を意識した企業活動のあり方

3.11以来、個人としてはエネルギーや資源の浪費について重く受け止めるようになり、社会生活に支障を来さない範囲ではありますが、出来るだけ資源やエネルギーを消費しない生活を心がけてきました。しかし、わが社はどうでしょうか。
当社は社員20名に満たない小さな会社で、消費するエネルギーや資源の量も、日本全体、地球全体からみればけし粒のように取るに足らない量です。収益性や効率を犠牲にしてそれを削減することにどれほどの意味もないかもしれません。しかし今回、福島の「いま」に向き合ってみると、企業活動のあり方を見直すことに、事業規模の大小は関係ないと強く感じました。

 

【参考情報】
環境省 中間貯蔵施設情報サイト:http://josen.env.go.jp/chukanchozou/
福島県 環境創造センター:https://www.fukushima-kankyosozo.jp/

(企画担当 高木圭子)

 

 

松島はなぜ美しいのか

松島の海を臨む

縁あって宮城県は松島を訪れる機会がありました。松島は京都の天橋立、広島の宮島とともに「日本三景」のひとつに数えられる、我が国屈指の景勝地です。島々のむこうの水平線から朝日が昇る様子は、それはそれは、息をのむような美しい光景でした。

松島の景色

しかし高台に立つ宿の窓辺で遠巻きにこの海を一望していた私は、なんとなく不思議な気持ちでいました。そりゃあ、数々の島が浮かぶ海、そしてそこから上がる朝日は美しい。けれど、要は沈降地形の多島海、それが、日本で三本指に入るというほど、どうして私たち日本人の心を惹きつけてやまないのでしょうか。

 

生業(なりわい)が景観に与える彩度

この地を訪れる観光客のご多分にもれず、遊覧船に乗ってこの海にこぎ出してみると、その理由をボディーブローのようにゆっくりと、しかし強く思い知らされることになりました。よく見ると写真にも写っているのですが、松島の海には牡蠣や海苔の養殖場がたくさんあります。水面に養殖筏が整然と並ぶなか、動力がついているのかどうか、というくらいの小さな船がゆっくりと行き来しているのが見えました。牡蠣や海苔を育てるためのなにがしかの作業をしている方たちです。彼らは朝からずっと、波に揺られ、全身に潮風と波音と日光を浴びながら、作業に従事しているのでしょう。
海とともに暮らし、海の恵みを享受して生活している人たちの暮らしぶりの一端が見えたことで、この多島海に息が吹き込まれて彩度が増したように感じられました。先の震災で甚大な津波被害を受けたこの地で、それでも人々は海を愛し、海を生業とすべく、立て直していると思うとなおさらに胸が熱くなりました。

 

豊かな生物多様性がつくり出す景観

沈降地形の多島海の海岸線は複雑に入り組んでいて延長が長く、入江ごとに浅瀬があって河川や沢が流れ込みます。陸域を覆う森は、海を育む栄養素を絶えず生み出しては、川や沢をとおして海に供給しています。つまりここは、命を生み育む力がとても大きい場所なのです。たくさんの海の幸が得られ、たくさんの人々が飢えることも病むこともなく、豊かに暮らせる場所なのです。
太古の昔から、私たちの祖先にとって暮らす場所の生物生産力はとても大きな問題でした。それを直感的に感じとれる能力は、個体や集団の生存確率に大きく関わったことでしょう。そう考えれば、そういう生態系の生産力の高い場所、生物多様性の恵みが豊かな場所、その景観に私たちが惹きつけられ、希望や幸福感を抱き、「美しい」ということばで表現するのは至極当然のことなのかもしれません。

(企画担当 高木圭子)

 

HondaKidsに再び弊社社員登場!

自動車メーカーのHondaさんが運営している子育て家族の応援サイト「Honda Kids(ホンダキッズ)」に、弊社の安藤が登場しています。弊社社員としては、昨年の亀澤に続き2度目の登場です。“「ふしぎ」を見に行こう”というコーナーで、紅葉のしくみについて解説していますので、是非、ご覧ください!
https://www.honda.co.jp/kids/explore/autumn-leaves/?from=kids_pic

Honda Kidsは、親子で取り組める自由研究や子連れドライブに役立つ情報など、家族みんなで楽しめる情報をお届けしているサイトです。この秋、紅葉を見に車に乗ってお出かけしてみてはいかがですか?

環境指標生物では、環境・生物多様性にかかわる企業のCSR活動の協力も行っております。いつでもご相談お待ちしております。

(環境指標生物:企画営業担当)

マンホール

先日、あるテレビ番組でみたのですが、最近、巷でマンホールウォッチングが密かなブームになっているそうです。デザインが多岐におよんでいることがその理由のようですが、なかにはその土地でしかみられないご当地デザインのマンホールがあったり、さらにはそこでしか手に入らないマンホールカードなるものまで登場し(ダムカードっていうのがあるのは知ってたけど)、一部の人の収集癖をくすぐっているようです。

そんなニュースをみて思い出したのが、数年前に撮影したマンホールの写真です。一見、なんの変哲もないマンホールですが、よく見るとマンホールに通常書かれている「下水」とか「汚水」の文字ではなく、なんと「湧水」と書かれているではないですか。その魅惑的な言葉に思わず二度見して、写真を撮ったときのことをよく覚えています。場所は、東京都国分寺市の街中の道路。そう、あの国分寺崖線に近く、たしかに湧水のありそうなところでした。

湧水と書かれたマンホール

湧水というと、緑豊かな山地を流れる清流に湧き出ているシーンを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は都内の市街地でも、古い井戸の跡やちょっとした崖沿いなどで湧出しているところがけっこうあります。一部は公園の池などの水源として整備されていたりするのですが、そのまま人知れず暗渠を通って川に流されていることも多く、なんとももったいなく感じます。湧水は、地域の生物多様性を支えるだけでなく、例えば東京都港区の善福寺にある柳の井戸が関東大震災や東京大空襲の時に飲料水として利用され人々を救ったように(「港区生物多様性地域戦略-生物多様性みなとプラン-(2018年度~2020年度)」P65参照)、災害時における水の確保の場としても非常に重要なものとなります。そんな都市部の湧水について今一度着目し、保全する取組が進んでいくことを願っております。

えっと、なんの話をしてたんだっけ??
以上、マンホールのお話でした。

水域調査担当:K口

りょうはほのき【文月・葉月】

先月は更新ができず、すみませんでした。今月は2ヶ月分まとめての投稿になります。

今年の夏は7月の日照不足に続いて、8月上旬の酷暑。そして台風シーズンに突入と、今後が心配です。
さて、そんな8月上旬のとある日曜日に弊社で「サイエンスカフェ」を開催しました。
「サイエンスカフェ」とは、カフェのような雰囲気の中で科学について語り合うというもので、1997年頃イギリスとフランスで同時発生的に行われたのが起源とされます。
今回のイベントは、私が大学生時代に参加していた「ヤクザル調査隊」が主催する30周年記念事業の一環です。
※詳しくはヤクザル調査隊30thのHP(http://yakuzaru.php.xdomain.jp/30th/slide.html)にて

内容については、今夏ヤクザル調査に参加する若者や、調査隊へのクラウドファンディング支援者の方に向けたもので、参加者はなんと24名。ぎちぎちですが弊社のセミナールームを会場に提供しました。
調査隊OBで鎌倉女子大学講師の早石氏による「屋久島のニホンザルの生態について」と、私が「調査を仕事にしてみたら」という2本立てのお話しを中心に座談会を行いました。

サイエンスカフェのようす1

屋久島のニホンザルの生態や調査隊の変遷について語る早石氏。さすがに教鞭を取っているだけあって進行が上手で、笑いあり脱線あり、終始和やかな雰囲気でイベントは進みました。

サイエンスカフェのようす2

私も学生時代から今の仕事に至るまでに、生きものに関わる様々な活動をしてきたことや悩んだこと、そして今どんな仕事をしているか、またこの仕事のやりがいや難しいところなどを自分なりの視点でお話しさせてもらいました。
プレゼンが一通り終わった後に、参加者の方から質問やご意見をうかがい、ざっくばらんなイベントになりました。
まだまだ一般の方々には認識の薄い、我々の仕事について知って頂くよい機会になったと思います。
また、将来について悩んでいる学生には進路の一例として、少しは指針になったのではないかと考えています。
私としてもイベントを通じて、自分の仕事を客観的に見直すことができました。
これからは、このような機会を利用して外側へ向かって発信していくことも重要であると感じた夏の一日でした。

両生類・爬虫類、哺乳類担当 釣谷洋輔

りょうはほのき【水無月】

日本では緑色のことを青という。
「目には青葉、山ほととぎす、初がつお」この句のように、新緑も青葉といいますね。
信号も緑色なのに青信号、野菜も緑色なのに青菜と呼びます。
これは古来の「青」という概念には緑色も含まれていたことに因んでいるようです。
緑色のカエルのことを青蛙とも言います。しかし、紛らわしいことにアオガエル科ではない緑色のカエルもいます。
他の調査員や、地元の方に「緑色のカエルをみたよ。」と情報をもらっても、困ってしまう時があります。
雨の多いこの時期、カエルを見かけることも増えてきました。そこで今回は緑色のカエルについて整理してみましょう。
最も個体数が多く、人目に付きやすいのは、ニホンアマガエル(アマガエル科)。大きさは3~4cmほど。

ニホンアマガエル(北海道)

ニホンアマガエル(北海道)

 

水田の周りに生息しているので、一度はみたことがあると思います。特徴は耳から目と鼻にかけて黒い筋があることです。
続いて、シュレーゲルアオガエル(アオガエル科)。大きさは4~5cmほど。

シュレーゲルアオガエル(千葉県)

シュレーゲルアオガエル(千葉県)

 

体の大きさや色、指先に吸盤があるなど特徴がニホンアマガエルと似ており、よく間違われますが、こちらは目と鼻の間に黒い筋はありません。希に背中に黄色い小斑点が入る個体もいます。
このシュレーゲルアオガエルを一回り大きくしたのが、モリアオガエル(アオガエル科)です。大きさは5~8cmほど。

モリアオガエル(岩手県)

モリアオガエル(岩手県)

 

おもに樹林に囲まれた池などに生息し、樹上に泡状の卵塊を産み付けることで有名ですが、水田などでも時々産卵します。
黒目の周りの虹彩という部分が、赤みがかっているのが特徴です。よく木に登るため、腕が太く吸盤も大きいです。
体色は地域などによって差が大きく、全身に褐色の斑紋が入る個体もいます。

モリアオガエル(千葉県)

モリアオガエル(千葉県)

 

その他、基本は褐色系のアカガエルの仲間でも個体によっては緑色にみえるカエルがいます。
トウキョウダルマガエル(アカガエル科)。大きさは4~8cmほどで、おもに関東周辺に分布しています。

トウキョウダルマガエル(千葉県)

トウキョウダルマガエル(千葉県)

 

トノサマガエル(アカガエル科)。大きさは4~9cmほどで、関東平野以外の本州に広く分布しています。

トノサマガエル(長野県)

トノサマガエル(長野県)

 

これらのカエルは水田や池、水路近くの草むらなどにいて、近づくとすぐに水に飛び込んで逃げるので、姿がよく見えず「緑色だった!」という印象だけが残りやすい種類です。
一方、ニホンアマガエル、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエルの3種類は、日中は葉っぱの上や枝先でじっとしていることが多いので、みかけた環境や状況なども、カエルの種類を調べるうえで大事な情報になってきます。
あなたの周りの緑のカエルは本当に青蛙?それとも・・・。

両生類・爬虫類、哺乳類担当 釣谷洋輔

 

調査員の休日(川遊び編)

現在、弊社では「働き方改革」に積極的に取り組んでいます。休日をしっかりとることは、本来の業務を充実して遂行するためにも、非常に大切なことです。
しかし、せっかくの休日なのに、仕事の時と同じようなフィールドに思わず出てしまうのは、我々調査屋の悲しい性なのかもしれません。

今回は、先日の10連休の最中に、関東の某河川に川遊びに行った調査員の休日の様子をリポートします。(もちろん内水面漁業調整規則を遵守して遊んでいます。)

川に到着後、間髪入れずに、みんなでガサガサ開始。
採集風景1

小3の彼は今回の最年少参加者。将来が楽しみな逸材です。
採集風景2

何が採れたかな?
採集風景3

お遊びのはずなのに、職業病のせいか短時間でもこれくらい採れてしまいます。でも報告書を書く必要がないので、「計測が大変だー」とか考える心配はありません。
採集成果

早速、採れた魚を観察。これはオヤニラミです。採れるとテンションがあがる魚ですが、関東では困ったことに国内外来種です。
オヤニラミ

こちらも採れるとうれしい魚のアカザ。これも残念ながら国内外来種です。
アカザ

黒のラインが最高にかっこいいムギツク。う~ん。これも国内外来種。
ムギツク

やはり国内外来種のカワヨシノボリ。ものすごい数がいました。関東ではニッチが空いているためなのか、いくつかの河川ではすごく増えているような気がします。生態系への影響が心配です。(でも、きれいな魚ですね。)
カワヨシノボリ

ちゃんと在来種もいました。武蔵野の自然を代表するすばらしい魚、ムサシノジュズカケハゼです。婚姻色の黄色の帯がなんともステキです。こういう魚が採れると安心します。
ムサシノジュズカケハゼ

これはコシボソヤンマのヤゴ。警戒するとシャチホコのようになります。
コシボソヤンマ(ヤゴ)

カジカガエルも美しい声で鳴いていました。
カジカガエル

観察した生きものは、最後に大切に川に戻しました。(外来種については悩ましいところでもあるのですが。。。)
採った生きものを放流

<おまけ>野外で食べたご飯の味も最高でした。
みんなでお昼ご飯

以上、参加者は社員とその家族など総勢6名。とても有意義な休日を過ごすことができました。
さて、休日が終わったら、本業の魚類調査が始まります。

文責:BIOさかな部

りょうはほのき【皐月】

生きものの名前というのは、人間が勝手につけたものです。
沢山の生きものを、色々な国の人がそれぞれの国の言葉で呼んでいます。日本にも「標準和名」というものがありますが、これは外国の人には伝わりません。
そこで特定の生きものを世界共通の呼び名で統一するために、「学名」というものが存在します。そして、「学名」や「標準和名」は分類の研究によって、変化していきます。
生物分類学は時代の技術や研究者の考え方によって、ひとつの種にまとまったり、分化したりを繰り返してきました。
現段階の荷物整理で、段ボールの中の荷物ひとつひとつに名前をつけているようなものです。50年後、100年後にはまた違う整理がなされているかもしれません。
例えば、今から10年ほど前までは、日本のハコネサンショウウオは東北地方から中国・四国地方まで分布するOnychodactylus japonicusという学名の1種のみでした。
しかし、分類の研究が進むにつれて、2019年5月現在では、以下の6種にまで分かれました。

ハコネサンショウウオ属リスト

※「日本産爬虫両生類標準和名」(2019年、日本爬虫両棲類学会)に準拠。

それぞれに分布域や外部形態、遺伝的な違いなどが認められ、比較的最近になって種として分化しました。
今後もさらに分かれていくかもしれません。
上記のハコネサンショウウオ属はいずれも主に山地の渓流およびその周辺の森林に生息するサンショウウオで、土壌動物や小型の昆虫類・クモ類などを捕食します。普段は石や落葉、倒木の下などに身を隠しながら生活しています。
驚くべき事に成体には肺がなく、皮膚呼吸のみで生活しているため、乾燥にはとても弱い両生類です。
卵から幼生そして成体になるまでは約3年間水中で過ごすため、生息している渓流では一年中幼生がみられます。

今回はゴールデンウィーク中に、まだみたことがないツクバハコネサンショウウオを探しに行ってきました。
和名には2つ地名が入っていて分かりにくいのですが、筑波山の周辺にのみ生息している箱根山椒魚ということです。
特に分布域が狭いうえ、砂防事業による生息地の乾燥化や林道による分断・消失、また愛好家や販売目的による業者の密猟などの影響が懸念されています。
2015年には国内希少野生動植物種に指定され、卵も含めて捕獲・譲渡などが原則禁止されています。
環境省レッドリストでは絶滅危惧ⅠA類、茨城県レッドリストでは絶滅危惧ⅠB類とされており、希少な部類のハコネサンショウウオです。
今回、成体は初めてみましたが、その特徴のひとつは他のハコネサンショウウオと比べて短い尻尾です。

これが、ツクバハコネサンショウウオ(茨城県)。
ツクバハコネサンショウウオ(茨城県)

そしてこれがハコネサンショウウオ(山梨県)。
ハコネサンショウウオ(山梨県)
同じような姿勢なので、やはり尻尾が短いことが分かると思います。

同じ種類と言われている生きものも、よく観察すると実は違う種類なのかもしれません。今後も両生類・爬虫類の分類から目が離せません。

両生類・爬虫類、哺乳類担当 釣谷洋輔